Tsuyoshi Nakamura Lab
ロボット

耳の不自由な方々の生活支援をする介助犬として、聴導犬があります。 聴導犬はタッチによって、生活音をユーザに伝達し、ユーザの耳の代わりとなる重要な役割を果たします。 聴導犬の役割をロボットに実装し、耳の不自由な方々のための安心安全な生活支援を目指します。

聴導犬ロボットAcToR





耳の不自由な方々の生活支援をする介助犬として、『聴導犬』があります。聴導犬はタッチによって、生活音をユーザに伝達し、ユーザの耳の代わりとなる重要な役割を果たします。

聴導犬とは?



一方、日本で活躍する聴導犬は、60数頭と少なく、聴導犬必要とする人はその何倍もの数になります。また、諸事情により、犬一緒に暮らせない場合も少なくありません。 そこで、聴導犬の役割をロボットとして実装し、耳の不自由な方々のための安心安全な生活支援を目指します。

本研究は科研費基盤B(2015年度〜2017年度)および電気通信普及財団の研究助成(2015年度〜2016年度)を受けたプロジェクトです。



実際にRoombaやTurtlebotなどの、ロボットで実験をするだけでなく、 シミュレータを用いた学習、検証も行います。どのように学習すれば、安心安全な生活支援を行えるかを考慮し、アルゴリズムの策定、構築を行っています。

被ケアロボット



発達障がいグレーゾーン児童が、ロボットを教育・世話することで、ロボットを成長させ、 それによって自らの知的レベルの向上と他者とのコミュニケーション方法を学ぶLearning by teaching and careを目的とします。


岐創発研究会のコンセプトと、3大学の研究成果である、

  • 教育支援ロボット
  • 人に世話させるロボット
  • 進化計算アルゴリズム
を統合し、実現可能性・実用性を探ります。本研究は、名古屋大学大学院、中京大学、岐阜創発研究会「ひかりキッズ」との共同プロジェクトです。

■[ScienceNews2016]感情を読み取り・表現する 対話型ロボット(2016年1月22日配信) http://sciencechannel.jst.go.jp/M160001/detail/M150001016.html

ロボット

耳の不自由な方々の生活支援をする介助犬として、聴導犬があります。 聴導犬はタッチによって、生活音をユーザに伝達し、ユーザの耳の代わりとなる重要な役割を果たします。 聴導犬の役割をロボットに実装し、耳の不自由な方々のための安心安全な生活支援を目指します。

聴導犬ロボットAcToR

耳の不自由な方々の生活支援をする介助犬として、『聴導犬』があります。聴導犬はタッチによって、生活音をユーザに伝達し、ユーザの耳の代わりとなる重要な役割を果たします。

聴導犬とは?

一方、日本で活躍する聴導犬は、60数頭と少なく、聴導犬必要とする人はその何倍もの数になります。また、諸事情により、犬一緒に暮らせない場合も少なくありません。 そこで、聴導犬の役割をロボットとして実装し、耳の不自由な方々のための安心安全な生活支援を目指します。

本研究は科研費基盤B(2015年度〜2017年度)および電気通信普及財団の研究助成(2015年度〜2016年度)を受けたプロジェクトです。

実際にRoombaやTurtlebotなどの、ロボットで実験をするだけでなく、 シミュレータを用いた学習、検証も行います。どのように学習すれば、安心安全な生活支援を行えるかを考慮し、アルゴリズムの策定、構築を行っています。

被ケアロボット

発達障がいグレーゾーン児童が、ロボットを教育・世話することで、ロボットを成長させ、 それによって自らの知的レベルの向上と他者とのコミュニケーション方法を学ぶLearning by teaching and careを目的とします。

岐創発研究会のコンセプトと、3大学の研究成果である、

  • 教育支援ロボット
  • 人に世話させるロボット
  • 進化計算アルゴリズム
を統合し、実現可能性・実用性を探ります。本研究は、名古屋大学大学院、中京大学、岐阜創発研究会「ひかりキッズ」との共同プロジェクトです。

■[ScienceNews2016]感情を読み取り・表現する 対話型ロボット(2016年1月22日配信)

ScienceNews記事へ