Tsuyoshi Nakamura Lab
Others

中村研究室ではロボットやオノマトペを中心に研究を行っていますが、 それ以外にも「人と人」、「人と機械」のコミュニケーションをテーマに、 ロボットの制御規則に関する研究や、高齢者福祉支援に関する研究にも取り組んでいます。

決定グラフによるロボット制御



これまでロボットは産業分野において工場内などの限られた環境で利用されてきました。 しかし、近年、ロボットを様々な環境で利用することが考えられています。 そのような環境では、これまでのようにロボットに動作を予め組み込んでおくことはできません。 そのため、ロボットには環境から情報を取得して自ら行動を選択する能力が求められています。

当研究室では、MDD(Multi-valued Decision Diagram)という多分木構造を持つグラフを用いてロボットを制御する研究を行っています。 ロボット制御に用いるMDDは、環境情報(関節角度など)を入力として渡すとロボットの行動を出力します。 MDDはルールを視覚的にわかりやすく表現できるという特徴があり、ロボットの行動則をMDDで表現できれば、その動作に関する知識が得られると考えています。 本研究では、動作に関する知識を獲得することと異なるロボット間でも利用できる汎用性を持った行動則を表現することを目標にしています。

電動アシストシルバーカー




シルバーカーは、高齢者の方々の日常生活を支援する機器として開発されました。 日常的な運動を高齢者の方々に促すことで、生活習慣病を予防することが期待されています。 しかしながら、シルバーカー使用時における事故が未だに発生しており、安全対策が不十分であるとも言われています。 本研究では、シルバーカーにモータによる電動アシストを導入することで、シルバーカーの安全性の向上を目指します。

Others

中村研究室ではロボットやオノマトペを中心に研究を行っていますが、 それ以外にも「人と人」、「人と機械」のコミュニケーションをテーマに、 ロボットの制御規則に関する研究や、高齢者福祉支援に関する研究にも取り組んでいます。

決定グラフによるロボット制御

これまでロボットは産業分野において工場内などの限られた環境で利用されてきました。 しかし、近年、ロボットを様々な環境で利用することが考えられています。 そのような環境では、これまでのようにロボットに動作を予め組み込んでおくことはできません。 そのため、ロボットには環境から情報を取得して自ら行動を選択する能力が求められています。

当研究室では、MDD(Multi-valued Decision Diagram)という多分木構造を持つグラフを用いてロボットを制御する研究を行っています。 ロボット制御に用いるMDDは、環境情報(関節角度など)を入力として渡すとロボットの行動を出力します。 MDDはルールを視覚的にわかりやすく表現できるという特徴があり、ロボットの行動則をMDDで表現できれば、その動作に関する知識が得られると考えています。 本研究では、動作に関する知識を獲得することと異なるロボット間でも利用できる汎用性を持った行動則を表現することを目標にしています。

電動アシストシルバーカー

シルバーカーは、高齢者の方々の日常生活を支援する機器として開発されました。 日常的な運動を高齢者の方々に促すことで、生活習慣病を予防することが期待されています。 しかしながら、シルバーカー使用時における事故が未だに発生しており、安全対策が不十分であるとも言われています。 本研究では、シルバーカーにモータによる電動アシストを導入することで、シルバーカーの安全性の向上を目指します。