Tsuyoshi Nakamura Lab
オノマトペ

「もちもち」や「わんわん」などの擬態語、擬音語のことをオノマトペといいます。 オノマトペは、直感的で理解しやすく、私達はコミュニケーションの一手法として、頻繁に用いています。 この性質を、指導やインターフェースに応用することを目指しています。

多次元ファジィオノマトペ





オノマトペとは、擬音語・擬態語の総称です。日本のマンガでは頻繁かつ効果的に使用されています。 例えば、雨が「しとしと」降る、「すらすら」描く、「どしどし」歩くなどです。 オノマトペは直感的な伝達・理解を促すのに有用とされ、人と人の間で意思疎通には欠かせません。


オノマトペ?




他方、オノマトペは定量的な計測・表現が難しく、人と機械の間の対話には不向きとされます。 本研究では、オノマトペをファジィ集合によって表現し、集合間演算や推論モデルを構築し、 人と人の間、人と機械の間の対話を円滑かつ直感的に実現することを目指します。

本研究は科研費挑戦的萌芽(2015年度〜2016年度)のプロジェクトです。

オノマトペによるフォントデザイン






直感的な表現であるオノマトペは、芸術の表現に向いていると考えられます。 その一つが、書道です。書道における運筆は、「とんっ」「すーっ」「ぱっ」「ぐいっ」といったオノマトペ表現が指導によく用いられます。 逆に言えば、オノマトペを用いることで、直感的かつ容易に毛筆フォントが可能とも考えられます。 本研究では、オノマトペを発話し、直感的かつ容易なフォントデザイン支援を目指します。

オノマトペによるイラスト作成


イラストもまた、書道同様に芸術的センスと描画技術を要求されます。 書道同様に、「すすーっ」とした細く滑らかな線、「がっがっがっ」という力強い線を描くのは容易ではありません。 そこで、フォントデザイン同様に、オノマトペ発話によって線のデザインを直感的かつ容易に修正・編集する機能の実現を目指します。

オノマトペ

「もちもち」や「わんわん」などの擬態語、擬音語のことをオノマトペといいます。 オノマトペは、直感的で理解しやすく、私達はコミュニケーションの一手法として、頻繁に用いています。 この性質を、指導やインターフェースに応用することを目指しています。

多次元ファジィオノマトペ

オノマトペとは、擬音語・擬態語の総称です。日本のマンガでは頻繁かつ効果的に使用されています。 例えば、雨が「しとしと」降る、「すらすら」描く、「どしどし」歩くなどです。 オノマトペは直感的な伝達・理解を促すのに有用とされ、人と人の間で意思疎通には欠かせません。

オノマトペ?

他方、オノマトペは定量的な計測・表現が難しく、人と機械の間の対話には不向きとされます。 本研究では、オノマトペをファジィ集合によって表現し、集合間演算や推論モデルを構築し、 人と人の間、人と機械の間の対話を円滑かつ直感的に実現することを目指します。

本研究は科研費挑戦的萌芽(2015年度〜2016年度)のプロジェクトです。

オノマトペによるフォントデザイン

直感的な表現であるオノマトペは、芸術の表現に向いていると考えられます。 その一つが、書道です。書道における運筆は、「とんっ」「すーっ」「ぱっ」「ぐいっ」といったオノマトペ表現が指導によく用いられます。 逆に言えば、オノマトペを用いることで、直感的かつ容易に毛筆フォントが可能とも考えられます。 本研究では、オノマトペを発話し、直感的かつ容易なフォントデザイン支援を目指します。

オノマトペによるイラスト作成

イラストもまた、書道同様に芸術的センスと描画技術を要求されます。 書道同様に、「すすーっ」とした細く滑らかな線、「がっがっがっ」という力強い線を描くのは容易ではありません。 そこで、フォントデザイン同様に、オノマトペ発話によって線のデザインを直感的かつ容易に修正・編集する機能の実現を目指します。